全身脱毛と部分脱毛の違いは?脱毛の期間や回数

全身脱毛と部分脱毛の違い

全身脱毛と部分脱毛では、施術を受ける部位が異なります。全身脱毛は、体全身のムダ毛を脱毛する施術で、部分脱毛は脱毛したい部分だけを脱毛する施術です。
しかし、全身脱毛はサロンによっては顔やVIOが含まれなかったりなど独自のルールで行われているため、事前にどの部位が含まれるのか確認しておくことが大切です。顔やVIOも含まれるほうが、脱毛料金も高くなります。
部分脱毛においては、1部位だけの脱毛、気になる部位3か所まとめて脱毛するなど、色々な施術の受け方があります。まとめて行ったほうが1部位ずつ受けるよりも料金的にはお得です。
また、全身脱毛の施術にかかる時間は、1回1時間から1時間半、部分脱毛なら数分で完了するでしょう。

脱毛にかかる期間や回数

脱毛にかかる期間は、脱毛方法が大きく関わってきます。脱毛サロンの光脱毛で脱毛した場合、ほとんどお手入れのいらない状態にするまでに12回、ツルツルの無毛に近い状態にするには18回かかり、期間にすると2年から2年半ほどかかります。
クリニックの医療レーザー脱毛で脱毛した場合、ほとんどお手入れのいらない状態にするまでに5回から6回、ツルツルの無毛状態にするには8回から9回の施術が必要です。期間に換算すると、10ヶ月から1年半という計算になります。
毛周期に合わせて2ヶ月から3ヶ月に1回しか受けられないため、時間がかかってしまうのです。そのため、脱毛をするときは余裕を持って計画的に施術を受けることが大切になります。

横浜で脱毛をすることのメリットは、脱毛サロンや美容クリニックが多く選択肢が広がるので、自分の目的や理想にぴったり合った脱毛を実現させることが出来るということです。